2020年02月02日

2 月朔日参り。。と、構想中の講座について

ハートオブアロハのすべてが載っているホームページは
こちら !



★ 数秘術リーダー 「 kulalaさんのブログ 」
誕生数別のワンポイントアドバイスをアップしています。( 不定期更新 )


ご依頼うけたまわります!



「 数秘術 入門講座 」 ご希望で開講できます !
数秘術 入門講座 をお申し込みの前にお願い。
どうぞお読みください m(_ _)m
 


*****************************************************************


《 今後の イベント ・ 講座 いちらん 》

★ 2/16(日)




2 月朔日。

カーテン越しの太陽の周りに、
虹ができていました。

FEE06630-394E-494C-9B2A-94AAC5FBDC14.jpg




恒例の月イチ参り。

到着したらちょうど、
札のお焚き上げが始まったところで。
背後からこっそり。

5050DD1A-BD05-42E0-90A7-51481AB29ED3.jpg




写真でわかりづらいですが、
一番右の方の装束がすてきでした。

この後火がつけられて、
朗々と祝詞をあげられるとボウボウ燃え始め。
神職さんたちもたじろぐほどに。


「 火 」 をみるとですね、
やっぱりわたしの 「 お不動心 」 ( なんだそれ ) がうずくんですね。

すごく綺麗なオレンジ色で、
火ってこんなに綺麗だったっけ ? と見惚れてしまった。


神職さんが去られた後に。

77ED4512-F974-492A-A365-7F0C8BEA4AA7.jpg




おみくじは、「 前 」。
これまた今の気分にビシッと。

節分明けに、またひいてみようかな。

F21CE259-6B4C-4EC0-B9A4-A1E8779B91DF.jpg




さて。

メルマガでちょろっとお知らせしたのですが、
ちょっとマニアックな占星術での
「 キロン ( カイロン ) 」、「ドラゴンヘッド & ドラゴンテイル 」
についてシェアする講座を考えてます。


「 キロン 」 はまだ発見されて間もない小惑星で、
占星術での歴史も浅いようですが、
過去生や幼い頃に受けた魂の 「 傷 」 の存在を示します。

1 サイクル目では自身のそれを癒し、
次のサイクルに入ると他者のそれを癒す方向に動くとか。


公転周期は 50 年なので、
いま 50 歳前後の方は キロン が元の場所に帰ってくる
「 キロンリターン 」を迎えるというタイミング

( わたしたちのお誕生日は、太陽が元の場所に戻るので
ソーラーリターン と呼ばれます )


「 なんでいま キロン ? 」 かというと、
実はわたしの キロン が ぴったりリターン するのを、
たまたま自分のホロスコープみてて発見しまして。

なんだか色々、腑に落ちるような気分で。
( わたしの場合は 3 月の初め。時期は人によって違います )



人生の約半分 ?  で巡ってくる、
これはわたしたちの人生の中で、
結構大きな節目になりそうなんですね。


で、
ご自身のキロンリターンがいつ頃にくるか ( きたか )、
どんな傷をもっていたか、をお調べしたり。

個々のセッションよりも、
シェアできる講座という形で開催したいな 〜
と思ってるわけですね。



ちなみに、
キロンは 2019 年最初の頃に 牡羊座 へ入りました。

牡羊座っていうのは 12 星座のはじまり、
アイデンティティとか、自分の本質はなんぞ ? なサインなので、
このキズが癒されると本来の自分のを発揮していこうぞ !!
という風潮が生まれやすいんですね。

そういえばこの頃から、
いろいろカミングアウト ? しやすくなった雰囲気もあるよね。
今後 7 〜 8 年はこのムーブメントが続きます。



あ、
とりあえずちょろっと書こうと思ってたのに、
長くなっちった。

日程きまったら、告知記事書きますので、
もちっと詳しく書きます   



キロン っていうと、
どーしてもこの曲が浮かんでしまうので。

ヘロン なんだけど。。

やっぱりナイアガラ ・ サウンド はいいね。。
( 世代。。 )





posted by やまけ at 15:15| 群馬 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会い包茎手術無料 出会い無料 出会いショッピング枠